FC2ブログ
topimage

2020-07

転入会がありました♪ - 2010.07.06 Tue

7月に入りました。
全国的に集中豪雨の被害が出ているようです。
被害に遭われた方々のためにお祈りしています。
久留米では今にも雨が降り出しそうですが、ここ2日間ほどは曇り空です。
今日、友人の牧師が休暇を終えて北海道に帰るので、飛行機が揺れないようにと祈っています。

さて、先日の日曜日に私たちの教会である方の転入会が行われました。
転入会とは、引っ越しや思うところがあって、それまでの教会から別の教会に移ることです。
時々は難しい事情がはらんでいるケースもあるので、慎重に考えて、何がその人にとって最も大事であるか、を見極めねばならない事柄です。
今回のケースは数年前から私たちの教会に参加してくださっている方でしたが、その方は仕事で他国から来られている方です。
転入会ではその方の信仰告白(転入に至る経緯や自分の信仰、考えてきたことなどを皆の前で話していただくこと)をお聞きしましたが、驚きました。
いつもニコニコと素敵な笑顔、向上心豊かで日本で仕事をしている理由の背後に、いろいろな思いがあったのでした。

信仰告白を伺いながら、あいだみつをさんの詩を思い出しました。
「誰にだってあるんだよ 人には言えない苦しみが
誰にだってあるんだよ 人には言えない悲しみが
ただ黙っているだけなんだよ 言えば愚痴になるから」

本当にそうだなぁと思います。
私たちは誰しも人には言わず、黙している思いがあります。
「あれだけ言いたい放題しゃべるあの人にも、黙っていることなんてあるの?」と思う人も時にいますが、でもそんな人にもきっと言えずにいる思いはある。
人ってそんなに簡単じゃないんです。
黙して静かに耐える事柄もあるのです。

でも、私は牧師としてさらに一言いいたいのです。
あなたの黙している思いを、さらけ出していい方がおられます。
それがイエスさまです。
私たちクリスチャンは祈りを大事にします。
それは、自分の心の中で思いをありのまま、さらけ出して祈るからです。
聖書によれば、神さまは私たちが自分自身でさえ知らぬ事柄も心の動きもすべてご存じとあります。
そのような方を前に、良い格好して取り繕う必要などありません。
自分の弱さも愚かさも痛みも涙も、もちろん喜びや感謝、何でもいいのです。
子どもが「ねぇ、パパ、ママ、聞いて聞いて。あのね、○○ちゃんね・・・」と話すように、さらけ出して祈りましょう。

その方も、悲しくて悲しくて毎日教会で涙を流しながら祈る中で、自分の進む道を見出したと話してくれました。
そんな経緯を涙を流しながら、「イエスさま、ありがとう」と語るその方の言葉に私たちも感動しましたし、自分たちがイエスさまと出会った時のことを思い出しました。

皆さんもイエスさまに祈る時、どうぞ自分の思いを全てさらけ出して祈ってみてください。
何かが変わり始めることでしょう。
今週も皆さんの歩みも上に、神さまの祝福が豊かでありますようにお祈りしています。
スポンサーサイト



● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kurumeodori.blog117.fc2.com/tb.php/33-be7a28c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

マタイ福音書15章1-20節を通して思うこと «  | BLOG TOP |  » 昨日、記念会がありました

プロフィール

久留米キリスト教会

Author:久留米キリスト教会
福岡県久留米市にある久留米キリスト教会のブログです。
わたしたちの教会は、日本バプテスト連盟に加盟する、プロテスタント派のキリスト教会です。
(※ブログに掲載した文章の無断転載はご遠慮ください)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

お知らせ (23)
教会写真館 (28)
踊牧師の一人ごつ (146)
未分類 (64)

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード