topimage

2018-06

「あなたはどこに立っているのか?」 - 2012.02.01 Wed

気付けば2月に入りました。
昨日気付いたのですが、夕方6時を過ぎても外が真っ暗でない!
日が沈みかけて薄ぼんやりとしている様子を見ながら、少しずつ冬から春へと季節が変わろうとしていることを実感。
今週からまたグンと寒くなるそうですが、この寒さの先には春が待っていると思ったのでした。

さて、先週の日曜礼拝での説教は「あなたはどこに立っているのか?」と題しました。
聖書を読む時、皆さんはいったいどんな読み方をしていますか?
ただ漫然と文字面を追っているだけでは、聖書はなかなか難しいです。
というのも、時代背景が現代とは違いすぎますし、イスラエルと日本という風土の違いもあるます。
だから、2000年前の人には当然でも、私たちには分からないことが多々あって当然です。
そんな違いを少しでも克服するための読み方として、クリスチャンの方々がよく用いるのが、登場人物の誰かに自分の姿を投影して読む読み方です。
登場人物が経験したこと、言われた言葉を、私であればどう受け止めるだろう、と考えることから聖書を深めて読むのです。

先週の箇所はマタイ福音書27章11-26節、イエスさまを十字架につけろと叫ぶ群衆とピラトのやり取りでした。
この箇所は登場人物が多い。
・沈黙を貫くイエスさま
・イエスさまの無罪を知りながらも群衆に押し切られてイエスさまが十字架にかかることを認めてピラト
・イエスさまを助けるように進言したピラトの妻
・イエスさまを「十字架につけろ」と叫ぶ群衆
・イエスさまを殺すように画策する祭司長たちと長老たち
さて、私たちはいったい誰の中に自分の姿を投影するでしょう。

私は宣教の準備をしながら25節の「民」という言葉に自分の姿を見出しました。
マタイ著者は24節までの「群衆」と25節の「民」について、明らかな使い分けをしています。
そこに込められた意味は何か、私たちは何を読み取るのか。
お時間のある方は是非聞いてみてください。
音声配信ページ
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kurumeodori.blog117.fc2.com/tb.php/157-164bc0f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【「あなたはどこに立っているのか?」】

気付けば2月に入りました。昨日気付いたのですが、夕方6時を過ぎても外が真っ暗でない!日が沈みかけて薄ぼんやりとしている様子を見ながら、少しずつ冬から春へと季節が変わろうとしていることを実感。今週からまたグンと寒くなるそうですが、この寒さの先には春が待っ...

被災地視察の報告会を計画しています。 «  | BLOG TOP |  » 「ユダは救われるのか?」

プロフィール

久留米キリスト教会

Author:久留米キリスト教会
福岡県久留米市にある久留米キリスト教会のブログです。
わたしたちの教会は、日本バプテスト連盟に加盟する、プロテスタント派のキリスト教会です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

お知らせ (22)
教会写真館 (24)
踊牧師の一人ごつ (146)
未分類 (34)

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード