FC2ブログ
topimage

2010-09

幼稚園50周年 - 2010.09.22 Wed

去る20日、幼稚園の創立50周年の記念行事を行いました。
久留米市内のホテルの宴会場を借り切って、記念式典とパーティーです。
1年ほど準備してきましたが、無事に終わりホッとしています。
直前まで人が増え続け、最終的には一部の記念式典には160名ほど、二部のパーティーにも100名強の方々が残ってくれました。
感謝感謝です。
参加してくださった全ての方々、楽しい時間をありがとうございました。
一緒に準備してくださった委員会の皆さん、本当にご苦労さまでした。

さて、今回の記念行事を通して、改めて思ったことは、私たちの幼稚園の大切にしてきた心です。
式典の中で、歴代園長のお一人がお話くださったのですが、「私たちの幼稚園は不親切な幼稚園」と語られました。
もちろん、文字通りの意味というよりも、言葉遊びの要素いっぱいな言い回しです。
現代の幼児教育の現場には、一つの風潮があります。
それは、親のニーズにこたえ、なるべく親の負担を求めない幼稚園、保育園の姿です。
例えば、園バスによる送り迎え、完全給食制、時間外の預かり、などなど。
共働きの家庭、核家族化した家庭も増えていますから、世の中の流れではありますが、どうしてもという理由以外にも、単に手を抜きたいという軽い考えもあります。
私たちの園では、そのような風潮に真っ向から「否」を唱え、親と対等に向き合って、子育てにあたってきました。
だから、子どもを大切にするからこそ、親に意見することもありますし、協力を求めます。
そのような意味では、家庭の負担をなくそうという風潮と比べると、「不親切」と言えるでしょう。
しかし、「不親切」のもう一つの見方は「親を切らない」ということです。
子どもたちを育てる時に、子どもだけでなく親も一緒に育っていくために、私たちの幼稚園は決して親を切り捨てません。
親と子が共に育っていく幼稚園、それがわたしたちの「めぐみのその幼稚園」です。

この精神が50年、私たちの幼稚園を支え続けてきました。
また、何より、私たちにその確信を与え、日々祝福を与え続けてくださる神さまあっての、私たちの幼稚園です。
そんなことを強く思わされた50周年の時でした。

さて、正確には今、50年目を歩んでいる最中です。
今年度いっぱいが50年目ですからね。
この50年目を一歩一歩確かに進み、51年目以降も、めぐみのそのの心を忘れず、歴史を刻んでいきたいと思っています。
どうぞ、読者のみなさんもお支えのほど、よろしくお願いします。
スポンサーサイト



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

久留米キリスト教会

Author:久留米キリスト教会
福岡県久留米市にある久留米キリスト教会のブログです。
わたしたちの教会は、日本バプテスト連盟に加盟する、プロテスタント派のキリスト教会です。
(※ブログに掲載した文章の無断転載はご遠慮ください)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

お知らせ (23)
教会写真館 (28)
踊牧師の一人ごつ (146)
未分類 (59)

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード