FC2ブログ
topimage

2010-08

もう二度と戻ってはいけない時代 - 2010.08.09 Mon

今日は8月9日、長崎の日です。
65年前の今日、長崎に一発の原子爆弾が投下され、何万人もの命が奪われました。
かろうじて生き残った方も、日を追うごとに原爆症で苦しみ、65年経った今も発症に恐怖している方々も大勢おられます。
65年目の今日、私たちはやはり「神さまの平和」シャロームを如何に実現するのか、深く考えたいと思います。

昨日の礼拝では、日本のキリスト教会の戦前から戦時中の歴史を振り返りました。
そこには自分たちで告白するのも悲しくなる歴史があります。
以下は昨日の説教の原稿をそのまま掲載します。

私は今日、戦前のキリスト教会の歴史を紐解きたいと思います。1889年に発布された大日本帝国憲法まで遡ります。大日本帝国憲法では、宗教に関して「安寧秩序を妨げず、及び臣民の義務に背かざる限りにおいて信教の自由を有す」と定められていました。「臣民の義務に背かざる限りにおいて」です。天皇を国家の長とする日本で、邪魔にならない範囲内においての宗教の自由でした。この考えを受けて1939年、戦争が終わる6年前に宗教団体法が成立します。この法律は、国が宗教を管理するために、こんな内容をもうけました。「教会数50以上、総信徒数5,000以上でなければ宗教教団として認めない」。日本のキリスト教会、特にプロテスタントの各教派は焦りました。私たちの属する日本バプテスト連盟も今でこそ300を越える教会・伝道所を持ちますが、当時は取り潰しの対象でした。そこで、プロテスタント諸派は戦時下の処置として一つに固まり、日本基督教団を作りました。
さて、1939年に統合された日本基督教団は、成立にあたって「教団規則」を作りました。その7条にこんな文言があります。「皇国の道にしたがひて信仰に徹し、各自の分を尽くして皇運を扶翼し奉るべし」。キリスト教会は天皇に従う信仰を徹底し、国を盛り上げるために尽くすと謳ったのです。
さらに、太平洋戦争が始まった1942年以降、さらに国にすり寄る宣言を幾つも出しています。本当に悲しくなるのですが、1944年のイースター、イエスさまの復活を祝うあのイースターにおいて出した「日本基督教団より大東亜共栄圏に在る基督教徒に送る書翰」では、第一章で太平洋戦争が神の意志に基づく聖戦であること、第二章では「全世界をまことに指導し救済しうるものは、世界に冠絶せる万邦無比なるわが日本の国体である」と謳い、天皇を神とし、アジア諸国での蛮行を認め、賛同したのです。教会が天皇を神と認めてしまったのです。
一部の教派や信徒は否を唱えます。矢内原忠雄もその一人です。矢内原忠雄はこう語っています。「真の愛国は現実政策に付和雷同することではない。むしろ現実を批判する預言者こそ、国家千年の政策を指導する愛国者である」、「(戦争を正当化する)教会は味を失った塩であり、自分を守ろうとして自分を失っている。現実国家の言うところをことごとく道徳的に、聖書的に弁護するというならば、キリスト教としての存在価値はない。
宣教の準備をしている時に、ふと想像したことがあります。教会が自分を守るために天皇を神とし、戦争を肯定していた時、もしイエスさまがおられたならば、その時どうされたのだろう。私は、イエスさまは苦しめられ、殺される人々の傍にしゃがみこみ、彼らを抱きしめながら謝っておられるような気がした。そしてイエスさまは言われる。「日本の教会は私の名を用いながらあなたたちを苦しめ、命を奪ってしまった。本当にすまない」。そしてイエスさまはきっと彼らの魂を神さまが慰めてくださるように必死に祈り続けるでしょう。あくまでも想像です。でも、イエスさまはそうされたでしょう。イエスさまが私たちの教会に代わって、彼らに謝罪し、彼らの救いのためにその身を削っておられるように思えてならない。私は準備をしながら、そんなイエスさまの姿に申し訳なさと、自分たちの罪の重さに涙が溢れて止まらなかった。
教会は大きな罪を犯しました。私たちはもう二度と同じ過ちを繰り返しません。そのためにも私たちの神さまを見上げ続けて歩むのです。

平和を覚える8月、平和とは何か、如何に実現できるのか、ご一緒に考えていきたいと思っています。
長崎の犠牲者の方々の上に、イエスさまの涙と慰めが、神さまの平安と恵みが、聖霊の突き動かす力が豊かにあたえられますように。
スポンサーサイト



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

久留米キリスト教会

Author:久留米キリスト教会
福岡県久留米市にある久留米キリスト教会のブログです。
わたしたちの教会は、日本バプテスト連盟に加盟する、プロテスタント派のキリスト教会です。
(※ブログに掲載した文章の無断転載はご遠慮ください)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

お知らせ (23)
教会写真館 (28)
踊牧師の一人ごつ (146)
未分類 (59)

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード