fc2ブログ
topimage

2024-03

受難節からイースターへ - 2024.03.02 Sat

ブログの更新が滞っていました。すみません;

気が付けばあっという間に3月です。
まだまだ寒いながらも少しずつ春の足音が聞こえてくる季節ですね。
教会の暦でいうと、今は受難節(レント)を過ごしています。
イエス・キリストが十字架で亡くなり、そして3日目に復活されたことを祝うのがイースターですが、そのイースター前の40日(日曜日はのぞく)の期間を受難節と言います。
今年は2月14日~3月30日がこの受難節に当たります。

私たちの教会では、教会暦をそこまで重要視していないのですが、それでも3月からはイエスさまの受難を覚えて礼拝のお話では関連した聖書箇所を扱っていきます。
それは、イースターの喜びはイエスさまの十字架の受難を飛び越して祝うことはできないからです。

私たちキリスト教会は教会堂や礼拝堂に十字架を掲げています。
今日では、「十字架」はファッションにおいてもよく見かけるモチーフですが、そもそもは処刑の道具。しかも、そこに直接手や足をくぎで打ちつけ、それにも関わらず最後にはじわじわと自分の体を支えきれず窒息することで亡くなっていくというとてもむごい処刑の道具です。
しかし、これを教会は今も教会のシンボルとして掲げているのです。
それはなぜでしょう?
それは、神の独り子であるイエス・キリストがこの凄惨な十字架刑を通して私たちの弱さ、足りなさ、罪を引き受けてくださったと信じるからです。
そして、十字架の痛み、苦しみを知っておられるイエスさまが私たちのいかなる痛み、苦しみをも理解し、目には見えないけれどもいつも寄り添ってくださっていると信じるからです。
そんな十字架の死を経験したイエスさまが、絶望の内に終わるのではなく、3日目に復活させられたことを通して、私たちはどんなに絶望の内にあっても必ず神さまは私たちを救ってくださるという深い喜びをイースターにおいて祝うのです。

最近は日本でもイースターが知られるようになってきてうれしいことですが、ただ「春のお祭り」ではもったいないなと思います。
ぜひ、イースターの本当の喜びをたくさんの方に知っていただきたいなと願っています。

礼拝はどなたでも参加いただけますし、Youtubeでもメッセージを配信しています。
ぜひ、受難から復活へのメッセージを聞き、共にイースターの喜びを味わえたらと思います。

20240525flower.jpg




スポンサーサイト



2024年!! - 2024.01.04 Thu

新年、あけましておめでとうございます!
2023年から2024年は礼拝に終わり礼拝に始まる年末年始でした。
今年も毎週日曜日の1回1回の礼拝を大切に歩んでいきたいと思います。
皆さんもぜひ、この輪に加わってください♪お待ちしています♪

blog_0240101gantanrehai.jpg
元旦礼拝後に集合写真♪





クリスマスと大そうじ - 2023.12.30 Sat

まもなく2023年が終わろうとしています。
世間では一気にお正月モードですが、教会ではもう少しクリスマスに思いを留めながら過ごしたいなと思っています。(私たちの教会ではあまり細かくはこだわっていませんが、教会暦では1月6日までがクリスマスを祝う期間になっていますから、クリスマスの飾りをまだ片付けられていない方、正解ですよ(笑))

今年のクリスマスは新型コロナの規制緩和がなされてから初めてのクリスマスということで、約4年ぶりに聖歌隊で特別賛美をしました。
この機会に人生初の「聖歌隊デビュー」をしたという方もおられ、久しぶりの方と一緒に賛美を捧げました。共に賛美できることがこんなに嬉しいことだなんて。練習も本番も皆で共に賛美できる喜びをかみしめました。
また、今年はイヴ礼拝の後に玄関先で聖歌隊による賛美での送り出しもしました。
礼拝から帰られる方に、またご近所の方に少しでもクリスマスの喜びをおすそ分けできていたらいいなと思います。こちらも、夜で少し寒かったけどなんだかみんなホクホク。うれしい時でした。
2023christmas.jpg
↑24日イヴ礼拝の様子。

クリスマスが終わり、先日12月29日は毎年恒例の教会大そうじ。
いつも手の届かない場所をおそうじしてすっきり。床のワックスがけもしてピカピカになりました。
また、今回は教会玄関上の屋根のペンキ塗りも。
数年前にペンキを塗ってから時間がたちサビが浮いてきてしまっていたので、汚れやサビを落としてから新たにペンキを塗りなおし。幸いピカピカに晴れていいお天気。ペンキもすっきり乾き、こちらもきれいになりました!!

1_20231229oosouji.jpg
↑Before

2_20231229oodouji.jpg
↑After

今年は12月31日が日曜日。
大晦日も休まず礼拝をします。
そして、元旦にも11時から元旦礼拝があります。
どちらも、どなたでもどうぞ!
お越しをお待ちしています(^^)/








ぬくもり伝わるクリスマス - 2023.12.16 Sat

見よ、おとめが身ごもって、男の子を産む。その名はインマヌエルと呼ばれる。
(イザヤ書7章14節)

 12月に入り、アドベントになりました。アドベントは救い主イエスさまの誕生を心待ちにする期間で、毎年、12/24の4週前の日曜日から始まります(今年は12/24も数えるので12/3から)。この間、教会ではイエスさま誕生にまつわる箇所を読んでいます。
 そんな箇所の1つ、マタイ福音書1.18-25では父親ヨセフの物語が記されています。彼は自分の与り知らぬところでいいなづけのマリアが妊娠したと気づき、心痛めます。そんな最中に天使はヨセフの夢に現れ、「恐れずマリアを妻に迎え入れなさい。マリアの胎の子は聖霊によって宿ったのだ」と告げるのです。この記述の中に上記のイザヤ書の言葉が引用されます。マタイ1.23では「インマヌエル」という言葉の意味が「神は我々と共におられる」と説明されています。「共に」を見ますと、原文のギリシア語ではメタという言葉が使われます。ギリシア語で「共に」を表す言葉は幾種類かありますが、メタのニュアンスは「温もりが伝わるほどぴったり傍に」です。つまり、天使がヨセフに告げた言葉は「ヨセフ、あなたは今マリアとの結婚に疑いが生じ、不安に苛まれている。しかし、安心してマリアを迎えなさい。神はあなたとぴったりと傍におられ、あなたの不安を祝福に変えてくださる。あなたが孤独の中で潰えてしまわないように、あなたが絶望して人生を放り出さないように、あなたを守り、導き、救い出してくださる」と告げたのです。
 クリスマスは私たちもまた「神さまが私たちとぴったりと、温もりが伝わるほど傍にいてくださる」と信じる時です。「あなたは決して独りぼっちではない。あなたはどうでもいい存在などではなく、神さまによって尊く、かけがえのない存在として命与えられている」、そんな喜びを分かち合うべく、ぜひクリスマスは礼拝にお越しください。みなさんの来会をお待ちしています。
(牧師 踊真一郎)

バザーのお知らせ - 2023.10.28 Sat

めっきり秋らしくなり、朝夕は肌寒くなってきました。
日中との寒暖差の激しい季節ですから、どうぞ皆さん体調には気を付けてお過ごしくださいね。

さて、来月11月3日(金・休)は4年ぶりに教会バザーを外部の皆さんにもオープンにして行います。
コロナの感染対策中は、規模を縮小し、関係者のみで行うなどしてきましたが、今年は皆さんにもお越しいただければと思っています。
感染対策防止や食中毒などの観点から食事や手作り食品の販売はしませんが、
献品、製作品(手芸作品)、減農薬米、子ども服、おもちゃ、駄菓子、お花(苗)などをそろえてお待ちしています。掘り出し物を見つけに、ぜひいらしてくださいね。
時間は9:00~12:00の午前中のみです。
お越しをお待ちしています(^^)/

★教会バザー★

*日時:11月3日(金・休)

    9:00~12:00

*場所:久留米キリスト教会 / めぐみのその幼児園
*駐車場に限りがありますので、なるべく公共の交通機関をお使いください。







NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

久留米キリスト教会

Author:久留米キリスト教会
福岡県久留米市にある久留米キリスト教会のブログです。
わたしたちの教会は、日本バプテスト連盟に加盟する、プロテスタント派のキリスト教会です。
(※ブログに掲載した文章の無断転載はご遠慮ください)

カテゴリ

お知らせ (23)
教会写真館 (28)
踊牧師の一人ごつ (146)
未分類 (222)

カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム