topimage

2018-02

新しいことはじめました。 - 2018.02.10 Sat

三寒四温。早くも春が待ち遠しいです。
そんな寒い冬。
久留米教会、新しいことはじめました。

それは・・・


多目的ホールでの礼拝です。


え?礼拝堂があるのになぜかって?
それはですね・・・寒いからです(笑)


私たちの教会の礼拝堂、100人は座れる広い礼拝堂です。天井は高く、壁の窓は細くてスタイリッシュ。
でも・・・
冬、とっても寒いんです(>_<)
毎年、何とかこの寒さに耐え忍んできたのですが、今年はついに白旗。
礼拝に来て体調を崩してはいけないし…と、思い切って2月はいつもお食事などをする多目的ホールで礼拝をすることにしました。

先週2月4日初めての多目的ホールでの礼拝をしました。
幸い、ピアノは置いてありましたので、奏楽はピアノで。
講壇は2階の小チャペルにあった小さめの講壇を使用(礼拝堂の講壇は重くて動かすのが大変)。
マイクもなんとかセットして…。
いつもは40脚ある長椅子もホールに入るのは16脚。

しかし、この準備が意外と楽しいものでした。
まず、講壇はどこに置くか?
入り口や窓の位置、高さ、光の入り具合によって印象が違います。
また、それによって部屋を縦長に使うのか、横長に使うのか。椅子はまっすぐ前を向けるのか、講壇を少し囲い込むように置くのか・・・などなど。
いままで、全く考えていなかった発見や、ちょっとした位置の違いによる礼拝の雰囲気の変化。
なんだか、礼拝をデザインするようなそんなおもしろさがありました。

そして当日の礼拝。
いつもは広い会堂にパラパラと座っているけれど、今日は場所がで狭いからみんなひしめき合ってすわり、礼拝を献げました。
参加した方々からは「あったたかった」、「いつもよりみんなの声が近く聞こえた」「明るかった」などいろんな声が寄せられました。
中には、マイナスの面もあったと思いますが、前日同様に様々な気づきが与えられ、新しい気持ちで礼拝できました。


寒さが続く2月いっぱいはこの多目的ホールでの礼拝を続ける予定です。
皆さんもこのレアな多目的ホールでの礼拝を体験してみませんか?
あなたと共に礼拝できることを、心からお待ちしています。


スポンサーサイト

2018!あけましておめでとうございます!! - 2018.01.01 Mon

みなさん、新年あけましておめでとうございます。
クリスマスの報告をブログにアップしなければ…と思いつつ、気づけば年が明けてしまっていました(^_^;)

遅くなりましたが、ちょこっとクリスマスの様子を・・・(クリックすると写真が大きくなります。)

20171224xmas_2.jpg

こちらは、24日(日)クリスマス礼拝後の持ち寄りパーティー♪
毎年、持ち寄りパーティーは24日夜のイヴ礼拝後にしていたのですが、今年は24日が日曜日で朝夜2回礼拝があるため、お昼にパーティーをしました。
うっかり写真を撮り忘れてしまいましたが、この日の朝のクリスマス礼拝は参加者なんと105名!
たくさんの方と一緒にクリスマスをお祝いでき、心から感謝でした。
朝の礼拝では附設幼児園有志の園児たちが特別賛美「クリスマスおめでとう」を歌ってくれました。
そのまま礼拝も一緒に参加してくれたため、お話やプログラムも子どもたちと一緒に礼拝できるショートバージョン。
なんと礼拝時間30分!いつもの半分以下!
終わりぎわに来てくださった方もおられ、来たらほとんど終わってしまっていた方もおられました(>_<)
来年は終了時間も明記するように検討します!!
でも、たくさんの方との礼拝と食事にほんとにうれしくなったクリスマス礼拝でした。

20171224xmas_1.jpg

こちらは夜のイヴ礼拝。
朝のにぎやかな礼拝とはまた一味変わり、ろうそくの灯を分かち合いながらの静かな礼拝となりました。
イヴ礼拝は賛美礼拝形式。
クリスマスストーリーの聖書箇所を読んでは讃美歌を歌うスタイルです。
賛美は会衆の皆さんと歌うもの、ソロ、聖歌隊などさまざま。
クリスマスのみ言葉と賛美の響きがこころに残る礼拝となりました。

シーズンとしてのクリスマスは過ぎていきますが、クリスマスのできごとは今も続いていると私たちは考えます。
つまり、私たちのためにうまれてくださった救い主イエスさまは、目には見えないけれど今もわたしたちの傍らにいてくださると
私たちは信じているのです。
このクリスマスの喜びを持ち続けつつ、歩んでいきたいなと思います。


さて、年は明けて本日1月1日!!元旦礼拝でした!!!
久留米教会はなぜだか、元旦礼拝が通常の礼拝よりも人数が多い!
今年も、帰省してきた方々と一緒に礼拝をもって新年を始められました。

20180101gantan.jpg

礼拝後には恒例の集合写真!!

来年はあなたもこの写真に加わりませんか?
毎週日曜日の礼拝で、いつでもお待ちしています♪

今年もよろしくお願いします!!!


もうすぐアドヴェント!! - 2017.11.30 Thu

寒かったり、あったかかったり不安定な気候が続いています。
寒暖差に体がついていかない方もおられるのではないでしょうか。

さてさて11月も今日で終わり、明日から12月ですね。
最近は10月末くらいからお店でクリスマスの曲が流れたり、「クリスマスケーキのご予約はお早めに!」という
お知らせが張り出されたりして、「早っっ!!」と思ってしまいますが、教会では毎年クリスマスを待ち望む期間が決まっています(もちろんそれ以外は絶対ダメということではありませんが)。
そのクリスマスを待ち望む期間のことをアドヴェント(待降節)といい、クリスマスイヴより前の4回の日曜日は「アドヴェント第〇主日」(〇には1~4が入ります)として毎週クリスマスを心待ちにしながら礼拝をするのです。
今年のアドヴェントは今度の日曜日(12/3)から。
先日の日曜日はそのアドヴェントの準備をしました。
会堂をの入り口や受付をクリスマス仕様に!
今年もいよいよクリスマスだな~と実感します。

玄関はこんな感じ。ちょっと逆光ですが…
2017advent_2.jpg

小さなツリーも頑張ってます。
2017advent_3.jpg


礼拝堂入り口の巨大リース!今年はおニューのリースです♪
2017advent_1.jpg


いよいよ今度の日曜日にはアドヴェントクランツ(クリスマスを待ちながら日曜日ごとに1本ずつろうそくに火を灯していく飾り)も登場し、1週ごとにろうそくに火をともしながらクリスマスの時を待ち望みます。
何かと忙しい12月ですが、忙しい中でもクリスマスの喜びを日ごとに感じ、その深い意味を味わいながらクリスマスまでを過ごせたらいいなと思います。


もちろん、今年も久留米教会ではクリスマスの集会が計画されています♪
どなたでも、ぜひご参加くださいね。お待ちしています。

今年のチラシ、ポスターはこんな感じ。
2017christmas_flyer.jpg

もちろん、毎週の礼拝も欠かさずに行われます。アドヴェントの期間はクリスマスにまつわる聖書のメッセージが語られます。
ぜひお越しください。



平和を覚える8月 - 2017.08.08 Tue

8月に入りました。
毎日あつ~い毎日ですね。熱中症など体調不良になりがちな季節、皆さんの体調が守られますように。

さて、久留米キリスト教会では毎年8月を「平和を覚える月間」として過ごしています。
毎週の礼拝では聖書から平和に関するメッセージを聞いています。
第一週目の先日8月6日は広島の日でしたね。
多くの犠牲となった方々の死と痛みを覚えると同時に、今私たちは平和のために何が出来るのかと考えさせられます。

「平和」ということはクリスチャンであるなしにかかわらず、多くの人が求め、願っている事柄であり、
多くの人が様々なアプローチからその実現を考えていることです。
では、クリスチャンは、教会は何から平和を考えるのか。それは聖書のことば、イエス・キリストのことばを聞くことから始まります。
6日の礼拝で読まれた聖書の箇所は以下のことばです。

「そこで、イエスは言われた。『剣をさやに納めなさい。剣を取る者は皆、剣で滅びる。』」
(マタイによる福音書26章25節)

今もって多くの国が剣を持つことで、核兵器を含む多くの武器を持つことで自国の平和を守ろうとしています。
しかし、イエスさまははっきりとこれを否定します。
武器を取るものは必ず武器によって滅びるのだと。
そして、私たちの国もやはりそのことを先の戦争で体験したのだと思うのです。
日本も戦争の被害国であり、同時に加害国。
多くの国がお互いが武器を取り合った結果全ての国で多くの命が奪われることとなりました。
武器で平和は作ることができない。
先日の礼拝メッセージではそのことをまた深く心に刻み、平和への思いを新たにしました。
(先日の礼拝メッセージはホームページの「礼拝メッセージ」ページからどうぞ)


次週の礼拝でもまた聖書が語る平和についてのメッセージを聞いていきます。
忙しい毎日ですが、少し立ち止まって自分のこと、そして平和のこと、一緒に考えてみませんか。
10:30からの礼拝はどなたでも参加いただけます。聖書も讃美歌も貸し出ししていますので手ぶらでどうぞ。
あなたのお越しを心からお待ちしています。


ハレルヤコーラス! - 2017.07.27 Thu

201707Halellujah.jpg


九州北部もようやく梅雨明けし、毎日暑い日が続いています。
先日の豪雨被害のために作業してくださっている方々の体調が守られることを祈ると同時に、わたしたちには何が出来るだろうかと祈りつつ、過ごしています。

さて、先日の23日の日曜日は午後から“三教会合同ハレルヤコーラス練習”が行われました。

実は、わたしたち久留米キリスト教会は2017年で教会組織50周年を迎えました。
(「教会組織」とは他の教会の集会所であったり、他の教会から支援をもらっていたりした伝道所が自立した教会として独り立ちすること。いわば教会の成人式でしょうか。)
それで、今年の9月17日に教会組織50周年感謝礼拝を行う予定なのですが、その感謝礼拝の中で三教会合同聖歌隊でハレルヤコーラスを賛美する予定なのです。

三教会とは、同じ日本バプテスト連盟に加盟しているお隣同士の教会、久留米荒木教会と鳥栖教会、そして私たちの久留米教会です。
この三教会での交流は10年ほど前から始まり、今では三教会合同の卓球大会をはじめ、教会学校の行事を一緒に行ったりと嬉しい交流をいただいています。

久留米教会では以前クリスマスにハレルヤコーラスを歌っていた時もあったのですが、もう10年以上のブランクがありました。
また、ハレルヤコーラスは大人数で歌うほど豊かに響く楽曲。
そこで、「おとなりのよしみ」で久留米荒木教会、鳥栖教会に協力をお願いしたところ快諾してくださったのです。
先日の23日は第1回目の合同練習でした。それぞれに練習をしてきていただいたものの「さて、どうなるだろう・・・」と少しドキドキしていました。
パート練習をしてから、集合し、「とにかく合わせてみましょう」と初めての合せ…

まだまだ荒削りではありますが、一つの教会でやっている時と比べはるかに厚みがあり、何より一人ひとり仕事も経歴も、教会すら違う人たちが声をそろえ「ハレルヤ!」と神さまを賛美する姿に感動を覚えました。

今後当日までにもう一度合同練習をする予定です。
練習によってさらに磨かれ、また祈りを重ねて当日を迎えられたらいいなと思っています。

できたら、ホームページに音声を載せたなぁ。さて、どうなることやら。
お楽しみに♪


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

久留米キリスト教会

Author:久留米キリスト教会
福岡県久留米市にある久留米キリスト教会のブログです。
わたしたちの教会は、日本バプテスト連盟に加盟する、プロテスタント派のキリスト教会です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

お知らせ (21)
教会写真館 (24)
踊牧師の一人ごつ (146)
未分類 (32)

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード